2010年 03月 29日
土曜の晩に
夜8時半ごろ、友達の誕生日会に顔を出すために出かけようかと思っているところに、突然の爆音。
季節はずれの花火です。
全く理由がわからなかったので、調べてみたら、シアトルの護岸工事を始めるとある建設会社が
自社の設立100周年記念で、自費で花火を出したらしいです。
結構近くで上がっていたので、アパートの屋上に上がると、ほかの住人たちもちらほら。
花火のすぐ下を光るフェリーがずんずん進んでいくのは珍しい光景でした。
その日、花火の上がったシアトルダウンタウンの目の前のエリオット湾には、珍しくクジラが現れたそうな
b0021501_1263822.jpg

b0021501_11572666.jpg

(写真はblog.seattlepi.comより転載)
護岸工事と合わせて、シアトルのウォーターフロントを陣取っている高速高架の取り壊しも
始まったようです。壊した後、最終的にトンネルになるのか、地表に高速ができるのかは、まだ答えがはっきり出ていないようですが、
どっちの案にしろ、とりあえず高架はいらないということで。

これにより、ダンタウンとウォーターフロントとの視界はつながるし、
新しい土地に何かが計画されて街の魅力も増すんではないかと思います。
トンネル完成の現在の予定は2014年頃らしいです。(計画通り完成するとは誰も信じてなさそうですが)

街の変化に関して、シアトルの昔の風景をまとめたブログVingate Seattle.orgがおもしろい。
アメリカの街の面白いところは、歴史がない分、逆に街の「始まり」が明確に記録に残っているところ。
現在までのプロセスがよくわかります。
これとかアフリカの難民キャンプですか!?て感じだし。
これは強引に丘を平坦にしたときの写真。採石場ですか!?
平坦なダウンタウンの中心もかつてはこんな感じの丘だったらしい。
[PR]

by ogawa_audl | 2010-03-29 12:03


<< Alley Renovation      Pritzker prize ... >>