<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2009年 07月 24日
疲労か
先週末もまたポートランドへ行っていました。2泊。全行程でドライバー。
アニミッシュの友達がシカゴからやってくるというので、それに合わせて。
前回行かなかったところを中心に、あとはゆっくりした滞在でした。
ホテルのプールで泳いでみたりとか。
NW 23rd Aveのエリアがきれいで雰囲気がよかったです。



シアトルに戻ってから新しいプロジェクトに急に呼ばれる。
テキサス州サンアントニオの巨大な歴史的劇場の増改築みたいなものなのですが、
ここ最近ずっとマスタープランとか屋外空間に意識が向いていたので、
純粋に内部空間をデザインする思考への切り替えがまだうまくできない。

それに加えてなんとなく頭痛というか首と背中の疲れのようなものが続いており、調子はいまいち。
一度頭を空っぽにしてリセットしたいのだけどどうもうまくいかない。最近運動していないせいかも。



前回書いたウェブ上でのマーケティング戦略について、さっそく上の人たちが反応してくれて、
仕事の一環として動いてよろしいとのことなので、リサーチなどをしてエクセルにまとめる。
いつかやってみたい実験だったので、ちょい楽しみではある。
とりあえず、世界中の建築デザイン系のよく見られているウェブサイトをリストアップして、それらをグループ分け。
その後、どのプロジェクトをどこに掲載してもうのがいいかで、また絞り込んでゆく。
世界のどこかに住む未来のクライアントへのアピールというのもないわけではないけれど、
それよりもむしろ、優れた人材に興味を持ってもらうという目的のほうが強くなりそう。

どのページがよく見られているか、については以下が便利です。
YAMoPo 2009: Yet Another Most Popular Architecture Sites Ranking
Alexaのランキング検索
[PR]

by ogawa_audl | 2009-07-24 05:02
2009年 07月 12日
職場での話
リサーチなども済んでて、デザインも考え始めていた小さな町の市庁舎は、
プロポーザルのファイナリスト4社を選んでおきながらストップ。おいおい。

その後、巨大なリディベロップメントのプレゼンのためにレンダリングの手伝いを1週間ほど。
デジタル絵描き。
これも、デザイン・レビュー・ボードにて、やや否定的な意見が出されたようでストップ気味。

先週から今週にかけては、シアトルのある私立高校のキャンパスマスタープランのプロポーザルの短期決戦。
プレゼンの前日は夜中1時半まで残ったりしてグラフィックと模型を仕上げる。
木曜の午前に現地の高校でパートナーたちがプレゼン、昼に事務所に戻る。午後は休みがもらえたので、
ダウンタウンのレストランの海が見えるテラスでビール飲みながらゆっくり昼ご飯。その後、アパート探しで街をぶらぶら。
翌日にクライアントから電話で連絡が来てプロジェクトをゲット。
プロポーザルで一番盛り上がる瞬間。
いろいろ止まるプロジェクトが発生しているので、新しいプロジェクトは多ければ多いほどいい。

金曜は、はてなにをしたらよいのだろう?と思ってスタッフィングしてる上司に聞いてみる。
で、某公共事業(?)のマスタープランに回される。ちょっと秘密のプロジェクトらしい。だから詳細は言えない。

この日は、mid year reviewなるものがあって、上司と二人で小一時間ほどしゃべる。
あれこれ言われたというよりは、知りたかったことをこちらから質問してみたり、
会社の運営に関してのアイデアなどを言いたい放題言って終わったような。

知りたかったことは、どうやってプロジェクトを探してきているのか、というマーケティングのイロハ。
何個かパターンがあるみたいで、ふーん、そうなのか、と。

言いたい放題言ったのは主に、IT系のこと(新しいソフトウェアとそれを使う人材の育成とか)や、
ウェブ上のマーケティング・宣伝などについて思うところを。
これについては、上司の賛同も得られて、パートナーたちにも伝えてくれるらしいので、
何か動きがあることを期待。何も動きがなければゲリラ的に勝手にやってしまおうかと思ってる。
どちらも共通して、パートナーたちがいまいちIT系(ウェブも含めて)に力を注いでいないように見えることに起因。
例えば、自社のプロジェクトを売り込むにしても、雑誌などの紙媒体には熱心に動いているようだけど、
ネット上の建築・デザイン系ウェブサイトへは全く働きかけていない。というかそういうところを見てないんだろうな。
外部からPRコンサルタントを雇っているらしいけれど、彼らが怠慢なのかもしれない。
ホームページも新しくなったし、ウェブ上にどんどん最新作を送りつけるべきだと思うんだけど。
(このホームページがまた使いにくい。。雇ったウェブデザイナーのごり押しで失敗したような。
 画面の右上と左上の矢印が大事なんだけど、見にくいし気づかないと思う。)
[PR]

by ogawa_audl | 2009-07-12 10:53
2009年 07月 12日
おれおれじゃないけど
前回書いたアパートの話の続き。
結果から言うと、詐欺だと判明。おいしい話には裏があるよね。

詳細はこんなかんじ。

当初は鍵を受け取ってエージェントの立会いの下、部屋を実際に見てから気に入ったら契約という話だったので安心していたのだけど、
途中から少し話が変わってきて、$800先に振り込んだら鍵が届く、とのメールが来た。
TNT Air ExpressというFedexみたいなシステムを通して、Money Gramで払うというもの。
Money Gramはこういった詐欺行為でよく使われるとネットで見ていたので、8割方、黒かなと。

そこで、鍵をもらってから訪れるつもりだったアパートへ実際に足を運んでみて、
そこのオフィスで、メールでやり取りしている相手の名前が住人のリストにあるかどうか確認したところ、ない、とのこと。
オフィスのひとが親切にも教えてくれたのは、そのメール相手の名前で同じような行為が以前にも行われたらしい。
はい黒確定。

ということで、とりあえず、メールでアパート検索サイトの管理人と警察等への詐欺行為の通報完了。

ここからはこちらの持っている情報を小出しにしながら、詐欺の相手の出方を楽しむ、という全く異なる趣旨のやり取りに変更。
詐欺師の答え方にもちょっと興味があったので。
相手にはとりあえず、
「実際にアパートに行ってみて、あなたの名前がなかった、ひょっとして詐欺師じゃないの?」というメールを送る。

帰ってきたメールには、「アパートでは個人情報を教えないんだよ。そんなふうに考えるなんて理解できない」、とのこと。
ほー、そうやって答えるんか。まだなんとかお金を振り込んでもらおうとしているのがわかる。

また催促のようなメールがきたので、最後にこう返す。
「ネットの詐欺注意のページであなたの名前とメールアドレスが載っているのを発見した(ウソ)。
 TNTに出ていたあなたの住所などの情報も届け出るかもしれない。」

その後、彼は必死にどこのページに自分のメールやアドレスが出ているのか探しているはず(ないけど)。
あるいは、さっさと別のアドレスを獲得し、住所情報も変更するという仕事も発生しているはず。
(ちなみに、TNTに載っていた彼とそのエージェントと言われる人のロンドンの住所は、GoogleMapで
いちおう存在してる住所だと確認)

で、ようやくメールも来なくなりましたとさ。



でアパート探しは継続中。実際に街を歩いたりしながら。
気に入ったところが何件か見つかったので、うまくいけば、来週中に決めようかなと思っています。
[PR]

by ogawa_audl | 2009-07-12 01:42
2009年 07月 06日
夏です
天気がいいです。シアトルらしからぬ暑さです。湿気はないけど日差しが強い。
独立記念日の3連休で、BBQパーティをはしご。
肉やら魚やらおいしゅうございました。

連休の最終日は午前中家でゆったりで、午後は会社でゆったり仕事。
木曜締め切りのプロポーザルのため。シアトルの私立高校のマスタープラン。

話は変わって
今住んでいる小さめでレンガ造りのアパートの年間契約が8月で切れる。
家賃もぐっと上げるみたいなので、これを機に別のところに移ることにする。
気づけば3年間もここに住んでいました。
大家の女性はこの古いアパートを愛しているので、
ありがとうの気持ちも込めて、アパートの外観をポストカードにスケッチして贈ることにする。
ちょうど斜め向かいに最近カフェがオープンしたので、そこの屋外テーブルで30分くらいでグリグリ描く。
喜んでくれるかな。

ネットでアパート探し。歩いて職場にいける範囲でしかも水辺に近いところを狙う。
不況の影響もあってか、家賃は全体的に少し下がっているような気がする。空き部屋もすぐに見つかる。

今第一希望で考えているところは、
コンドミニアムの持ち主が仕事でしばらくロンドンに行くことになったので、その間誰かに貸したい、というもの。
5年後にシアトルにまた戻ってくるらしいです。
スポーツジムとかプールとかジャグジーがコンド内にあるし、建物もそこそこ新しい。
部屋に置いたままの家具もそのまま使っていいとのこと。家具が邪魔なら自腹で倉庫に預けてくれるらしい。
場所もダウンタウン近くのウォーターフロント。間取りは日本でいう2LDK。一人で住むには無駄に広いな。

家賃がしかも$800/月。ありえん。破格。
正直なところ、なんか裏があるんじゃないの~??と少し疑っている。。

家主とはメールでやりとりしていて、数日後にロンドンから鍵と書類が届くらしい。
こういうとき職業建築家を名乗ると反応がいい。
実際に見て気に入ったら決めてしまうつもり。
怪しいものがないかどうか部屋の中もくまなく捜査しないと。血痕とかまじ勘弁。
[PR]

by ogawa_audl | 2009-07-06 08:41