<   2006年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2006年 09月 30日
金曜だし
3つくらい疲れる出来事が重なって
なんか頭で音楽がかからないので
今日は残業しないで帰るぞっと。

たくさん寝て明日がんばりやす。
[PR]

by ogawa_audl | 2006-09-30 10:31
2006年 09月 29日
攻撃あるのみです
木曜。
朝、インターン向けのミーティング。現在インターン(つまり若手)が14人。
上司のJimが、これを機会に会社をエネルギッシュにしようとしている。
コンペを増やしたいとか、建築ツアーをしたいとか、
若手に作品の展示スペースを設けたいとか、
図書スペースを充実させたいとか、
会社で使うマグカップとかTシャツ(forバレーボールチーム)の
デザインのコンペを社内でしたいとか、いろいろ。
スキー旅行もできたらいいね、とかも。
彼、たぶん40歳は越えていると思うけど、若い意識を持っていると思う。
始めは、軍曹みたいやなあ、と思っていたけど。

昼間は、主にアートスクールのコンペのための打ち合わせと敷地模型づくり。
午後、マイクロソフトの増築プロジェクトのための短い打ち合わせ。
その後、敷地模型づくりに戻る。
夕方5時、アートスクールをひとまず置いておいて、マイクロソフトのための仕事にとりかかる。

8時、会社を出て、遅れてパーティに行く。
最近入ったばかりの女の子がワインとチーズのホームパーティを計画。
会社のメールでみんな招待されたので、行ってみる。
彼女は、大学からの友達(建築)とアパートをシェアしていて、
その子の友達も含めて、けっこうな人数の建築若手が集まる。
L社、C社、D社など。
若手中心に集まっていたけど、遅れて上司のJimがやってきたのには驚いた。
彼、子供2人(かわいい)いて家庭があるのに偉いなあ。
仕事でも、ぺーぺーから出るアイデアも汲み取ってくれるし、フレキシブルな頭を持っていると思う。
彼より上の年代にいくと、うちの会社ではちょっとお堅いかな、と最近気づいてきた。
コンサバティブなデザインになってしまう要因は、お偉いさん方によるところが大きいのでは
ないか、と想像。

たまたま隣に座っていたD社で働くひととしゃべったところ、なんともとルームメイトのマイクと
会社で席が隣だという。彼は20くらいまでブルガリアにいて、
今はアメリカの市民権をもっている。
つい数日前までブルガリアでバケーションをとっていたらしく、その余韻もあってか、
ブルガリアについて熱く熱く語られる。そして親日家っぽい。
つい最近EUに加盟したブルガリアでは、シアトル以上に建設ラッシュだという。
ブルガリアの歴史とか、美しい風景と女性、美味しい食べもののことなどいろいろ聞かされて、
気持ちはブルガリアへ。
いつか行ってみたいね。

夜中に帰宅。明日朝8時からミーティングあるけど、起きれるだろうか。
その前に1時間程スタディしたいから、7時には会社に着いておきたい。

ということで寝ます。おやすみなさい。
[PR]

by ogawa_audl | 2006-09-29 16:31
2006年 09月 28日
足にきてる・・
最近ちょっと忙しめ。
といっても、日本ほどじゃないと思うけど。
労働時間が数時間増えただけなのに、
なんでこんなに疲れてるのか?
ちょっと考えてみたら、
ずっと模型つくってて、一日中立って作業している。
だから家に帰って裸足でぺたぺた床の上を歩くのが心地いい。

月曜に急に手伝うように言われたプロジェクト、
一応早起きして敷地も見に行ったし、
プランのイメージも出来てたのに、
時間的に厳しそうだと判断したのか、
上司が手の開いている別の子に回してしまった。
確かに体力的には楽になるのだけど、
なんだかね・・。

進行中のプロジェクトに途中から入るのも面白くないけど、
初めから加わったプロジェクトを途中でほかのひとに回されるのも面白くない、と思う。
[PR]

by ogawa_audl | 2006-09-28 15:36
2006年 09月 26日
サンマン
日曜。前日に出来なかった、新しいプロジェクトのスタディを会社でしようと
思っていたのだけど、ビールとステーキの誘惑にあっさり負ける。

でもいいのです。日本人の素敵なオトモダチと楽しい時間を過ごしたのだから。
昼間からビール飲んでたのだから。天気良かったから。芝生青かったから。ステーキでかかったから。うまかったから。
かつて、大学の同期のH山君は言いました。

「遊びも仕事もばりばりこなすのがデキル男です」

と。うん、そうだよね。いつもいいこと言うね、彼。

ということで、デキル男を目指すべく、
月曜は早起きして会社に早朝6時過ぎに到着。
夏が終わったシアトルの早朝はまだ暗い。

でも、バスにはそれなりに人が乗っていたし、
ダウンタウンのコーヒーショップはどこも開いていたし、
会社の向かいにあるジムでは何人かが、仕事前にエクササイズしているのが見えた。
しかも1番乗りまちがいなしだと思っていた会社に、
すでに一人来ていた・・。

アメリカ人、意外に早起きみたいです。



先週金曜に、一個プロジェクトがとりあえず終わって、
よし、残りの2つに集中するか、と思った矢先、
また別のプロジェクトを手伝ってと言われる。
しかも締め切り来週で、2つがかぶってるし。楽しいからいいんだけど。
ということで、引き続き、3つを掛け持ち。といってもそれぞれチームでやるのですが。

今週末はまじで遊べそうにない。デキル男とか言ってる余裕はなさそう。
だから、いつまでたってもデキル男にはなれない自分。
[PR]

by ogawa_audl | 2006-09-26 16:11
2006年 09月 25日
居住かんきょう
土曜の朝、前日のドタバタと友達と夜中まで飲んだアルコールも手伝って
爆睡していたら、家のブザーが鳴り、起こされる。
誰じゃい・・と思いながらやや不機嫌に応対すると、
ネットをつなぎに来てくれた業者のおやじ。
そういえば、土曜の午前に来ることになっていた。
すっかり忘れていた。最初不機嫌な上に少し待たせてごめんよ、おやじ。
これで、家の中で必要なものはほぼひと通りそろった。
ネットが家にようやくつながったのはでかい。
もういちいち近所のカフェに重いパソコンをかかえて行く必要はなくなった。
テレビもちゃんとつくし。たぶんあんまり見ないと思うけど。ニュースくらいかなあ。

一度起きてしまったら、二度寝がうまくできない体質の自分。
軽く頭痛のする重たい頭のまま、雑用をこなしにまちへ。
ふらりと立ち寄ったレコード屋で、仕事用にとCDをあさる。
そんなにしょっちゅうは買わないけど、買うときは視聴しまくって
気に入ったのがあればまとめ買い。以前からほしかったものもまとめ買い。
Corinne Bailey Raeというイギリスの新人の女の子の歌を以前から聴きたかったから
ちょっとうれしい。なんちゅうか、正統派でうまい。
個人的にはNorah Jones以来久しぶりに初めて聞いたときに「ぞぞっ」って感じた歌声。
アメリカのラジオからかかる現在のアメリカ生産の曲はどうも自分には心地よくない。
全体的にヨーロッパの曲ほうが今の自分にはしっくりくるのはなんでだろう。

今日、会社でちょっと作業する予定だったけど、頭が重たくてうまく発想が出てきそうに
ないからやめて家に戻る。
夕飯作って食べる。ポークステーキとサラダとご飯。
換気扇ないから、狭い家の中がにんにくのにほひで充満。
寒いけど窓あけて換気。古い建物だからか、この家には
キッチンにもバスにも換気扇がない。自然換気ってやつです。

寝る前、CD聞きながら新しいプロジェクトのことを考える。
ずーーーっと平坦な大地が続くような田舎の土地の大学のようだし、
周辺にそんなに高い建物もないから、キャンパスのなかに、
丘のような建築がつくれたら気持ちいいかな、となんとなくイメージする。
地平線に沈む夕陽とかを見ながら、丘の上に座って
若い学生たちやカップルたちが日常のこととか未来のこととか語りあったり。
そういう場所ができたらいいな、となんとなく思う。

シアトルにしばらくいることを覚悟したせいか、
最近よく、ここから発信できる建築について考える。
現在のアメリカノースウエストの地域的な建築とされているのものは、
太い構造体をデザインの一部として見せて、ガラスとかガリバリウムとかを
多用しているという印象。でも、それとは違ったものを作りたいと思う。
例えば、霧のような雨が多くて水が多くて緑が豊かな土地なので、
南の乾いた土地では出来ないような緑化が可能だと思う。
この土地の緑と水の美しさを未来に残していけるような建築を提案して行きたいなと思う。
これが今の自分が考えるシアトル発信のリージョナリズム。
光が弱いから、カーンのキンベルやソーク、あるいはシザの建築のような
コントラストのある光を使った空間は難しそう。
もちろん、美しい光の空間づくりはずっと意識していくだろうけど。
しばらくラテンの国の光の空間に興味を持っていたけど、
北欧の光の空間について、もっと勉強しないとな、と思う。
次の旅はそっちのほうになりそうだな。いついけるかわからないけど・・・。
とりあえず今は、この土地でしかできないことを考えたいと思う。
その例として、シアトルでもうすぐオープンするSculpture Parkとか、
バンクーバーで建設中のConvention Center Expansionとかが考えられるかな。
それに、このまちでは、GGNのような優れたランドスケープ・アーキテクトの事務所も
あるしね(昨日一緒に飲んだ彼はここでばりばり働いてる!)。
[PR]

by ogawa_audl | 2006-09-25 00:24
2006年 09月 23日
だらり~ん
昨日夜中に帰ったのに、今朝は朝7時半に会社集合。
でかいボードたちを車で運んでインタビュー本番の場所、シアトルセンター(スペースニードルがあるとこ)へ。
プレゼはシニアーズに任せて、一度会社に戻る。一時間後、撤収のためにまた車で現地へ。
とれればいいけど、どうかなあ。かなりやってみたいプロジェクトなんだけど。
プロジェクトの内容は、使わなくなったスタジアムを取っ払って、なにか別の土地利用を
考えるというもの。プログラムもまだ未定。
規模がでかいし、場所もこれからシアトルで重点的な開発地区になる
であろう場所。敷地の性格上、パブリックな場所となる。都市的な視点も求められる。
そんなかんじのものです。

この会社に入って、はじめてインタビューまでの一通りの流れを見たけれど、
プレゼのかなりのスペースを過去の自社作品が占めていてちょっと意外だった。
もっと、オープンコンペのようにアイデアをがんがん押していくと想像していたから。
ほんとにこれで勝てるんかいな??というのが正直な感想だったりするのですが、
まあ最初は様子見ってことで。

昼に会社にもどって、今日のプレゼのために散らかしまくったエリアを後片付け。
その後、ようやくもうひとつのプロジェクトをスタート。
これも数社のコンペみたいな状態。プレゼは10月頭。
内容は、オハイオ州の郊外の大学で、アートスクールの建物を新たに計画するというもの。
ああ、ようやくようやく建築のデザインができる。
最近、リサーチとかプレゼのボードのレイアウトとかそんなんばっかしやってたからうれしい。

実は今、新しく入ってきた女の子が配ってくれたビールを飲みながら、
かなーりのリラックス状態。しかも会社の自分の席で。
金曜の夕方だし、会社全体で、ゆるーい空気が流れております。
みんなさっさと帰っていくので、ひともまばら。
こういう状態はけっこう好きだったりする。
アイデアスケッチするのにもってこい。
[PR]

by ogawa_audl | 2006-09-23 09:49
2006年 09月 23日
コーヒーブレイク
今、朝8時前。
やっと一息ついている。
昨日、帰ろうとしているところへ、上司のJimがラフな格好に着替えて
夕食から戻ってきて、そっから今朝のプレゼ・リハーサルのセッティングのために準備を
手伝って、結局会社を出たのは日が変わる直前。
残業代つくからいいんだけどね。
帰りはJimに車で送ってもらう。どうやら家が近所っぽい。
短い時間だったけど、車の中でいろいろ話して、それはそれで有意義だった。
大学を卒業して数日後に彼がこの会社に来た時は、会社の規模は今の3分の1くらいで
35人。毎日14時間働いていたそうな。
それを聞いて、エネルギッシュで楽しそうだ~、と思ってしまうMの僕。

家に帰って速攻シャワー浴びて寝て、会社に朝7時半に戻る。
今は、上のひとたちがリハーサル中。
朝食代わりの洋梨を丸ごとかじりながらコーヒー飲んで今日のドタバタに備える。
[PR]

by ogawa_audl | 2006-09-23 00:04
2006年 09月 22日
ザンギョウ
今、夜10時過ぎです。残業してましたがもう帰ります。
明朝が、今やっているコンペ(といっても5社くらい)のプレゼンで、
その準備で雑用含めていろいろしてました。
日本ではこれくらいの時間は当たり前という感じですが、
ここではかなーり遅い時間と取られます。
だいたい普通は6時くらいにはみんな帰るのが普通な状況なので。
7時半を過ぎたら、会社から家まで帰るタクシー代が出ると聞いて、
なんて過保護なんだろうと思ったり。まだ使ったことないですが。

このプロジェクト、とれたらいいなあ。
建築だけじゃなくて、ランドスケープ、アーバンデザインも含めて
いろいろなことができそうな予感がする。
建築の視点とともに、都市の視点も好物な自分にとっては
是非やってみたいプロジェクト。

プレゼンをする上司の方々、なんとかうまくやってほしい、と願う。
[PR]

by ogawa_audl | 2006-09-22 14:20
2006年 09月 19日
家具
もとルームメイトのRJの彼女のナニカがLAに引っ越すことになり、
彼女の家具をたくさん譲ってもらう。

土曜の午後、トラックをレンタルしてびびりながら自分で運転。
RJに手伝ってもらってとりあえずアパートの中へ運び込む。
ソファ、コーヒーテーブル、本棚、戸棚。
もともと広くなかった部屋が急に狭くなった。
とりあえず、可能な配置を考えてみたら、オプションがあまりなく、
これしかないという形で配置。
ソファに横たわってビール飲んで休憩していたら眠くなる。

夜、しょーじ君から電話かかってきて飲みに出かける。2夜続けて彼と飲んでいる。
彼の行きつけのバーでベルギービールのシメイとかヒューガーデン飲む。
少しして、近くの彼のアパートに移動。
清潔で機能的な部屋。建築の本もたくさんある。
彼が京都の某大学でエースだったことを知る(卒計の本に出てる)。
学年でいくと僕の1コ下かな。
ビール飲みながら夜中2時までふたりでいろいろしゃべる。
なんか意気投合。
気が合う奴発見♪と僕は勝手に思っている。
[PR]

by ogawa_audl | 2006-09-19 05:25
2006年 09月 17日
Happy Friday
金曜。
夕方4時半から会社でハッピー・アワー初参戦。
事務所内の一角に社員が全員集まって、
会社が用意したビールとかちょっとした食べ物をつまみながら、
しゃべる。途中からは、現在進行中のプロジェクトの報告が
みんなの前でされる。
どういうプロジェクトが進行しているのかとか、
事務所の全体像を知るのにいい。
大き目の公共建築が多いみたい。
自分を含めて新しく入った人間の簡単な紹介もされる。

その後、Suyama Spaceというギャラリーのオープニングに
LMNの若手10人くらいで行く。
そこで、UWの友達、Josh&Kristinaのカップルに会う。
展示とか少し見たら、次の目的地へ移動。

この日のメインイベント、
シアトルの若手建築家の社交パーティみたいなのに行く。
場所はBlack Bottleというレストラン・バーの一室。
40人くらい集まっていたかなあ。
ここではほかのUWの友達とか、
自分の修士設計の発表で講評に来ていただいていた
地元の建築家の方(でも若手ではないよなあ??)とも会う。
新しい知り合いをつくるにはちょっと込みすぎかなあ。
座るとこもなかったので、
うちの事務所の集団は、早々に別の店に移動。

僕は、先週仲良くなったランドスケープアーキテクトの友達しょーじ君から
電話でご飯に誘われたので、そっちに行く。
旬という店で、しょーじ君、あやこさん(ランドスケープアーキテクト)と
ご飯食べる。

その後、あやこさんのお宅でワイン飲む。
少しして旦那さまのコウソウさん帰宅。
4人で盛り上がる。
新婚家庭は、なんか明かりの色が違うな。
暖かい感じだ。
同じ電灯のはずだけど、自分のアパートは
青白いイメージだ。気持ち的に。

帰り、しょーじ君に家まで車で送ってもらう。
[PR]

by ogawa_audl | 2006-09-17 01:15