<   2004年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2004年 09月 30日
UW
研究室の皆さんは、今頃はゼミ旅行でしょうか?
M2にとっては楽しいだけではないのかも・・・がんばってください!

僕は今日UWでの最初のクラスがありました。
第一回目のDesign Studio(設計のクラスです)で、今後の進め方などガイダンスでした。といっても4時間近くありましたが・・・己の英語力の低さに苦しみました。
さてStudioの内容ですが、4つのコースが開講されていまして、その中で僕が選んだのは、(やや寂れつつある?)Yakimaという地域の住宅地にモデル住宅とコミュニティセンターを設計するというものです。これを選んだ理由は、4つのうちこれのみ実際に建つプロジェクトであり(来年の夏に完成し希望すればその建設にも参加できます)、また個人的に内容もやや興味のあるところだったからです。2週間後に住民を交えたワークショップもするのですが、コミュニケーションがとれるのかやや不安ではあります・・。
ちなみに他の3つは、港湾にセキュリティ関係の施設を計画するもの、家具を含めて店舗の設計をするもの、住宅の設計コンペに登録するもの、などでした。
アメリカという国はスケールが違う、とたまに耳にしますが、ほんとうにscale(ものさし)が違いまして、インチとかフィートとかやっかいです。慣れるまで苦労しそうです。まだ数値を言われてもピンときません。アメリカは国が広すぎてメートル法に変えようにも変えられないとアメリカ人が言っているのを聞いたことがあります。早く世界標準に合わせてほしいものだ、とほかの外国人学生としゃべっていました。同じstudioのコースは8人の学生と2人の先生で構成されており、そのうちデンマーク人が2人とスウェーデン人が1人います。やや国際的な顔ぶれとなっています。
インチやフィートもそうですが、異なる国の環境やシステムを知るとその違いに驚いたり苦労したりします。デンマークの学生と話していて驚いたのは、むこうで大学を出たばかりなのに、二人ともそろって堂々と「自分はアーキテクトだ」と言っていることです。最初はなんだその自信は!?とか思っていたのですが、聞いてみるとデンマークでは大学の課程を修了したら、日本のように試験を受けなくても建築家として認められるとのことです。そういえばデンマークでは大工でも左官のような職でも学校で学ばなければ資格をもらえないと聞いたことがあります。

異なる国に来ると、大学の様子もかなり違ったりします。
UWも日本の大学と異なるシステムや環境をもっています。
今回は、まずわかりやすく、大学内の風景をお伝えします。
UWはシアトルの中心からバスで20分くらいの住宅地に囲まれた地域に、湖に面して立地しています。全体的な雰囲気としては、緑がきれいな広~い公園の中にレンガ造りや石造を中心としたクラシックな建物が点在している、といった感じです。古い建物でも、内部はハイテクだったりします。デルのPCがそこら中にあったりとか。自分で買わなくても大学からパソコンを借りたりもできるみたいです。施設の充実は全米でもトップクラスだとのことです。どでかいアメフトのスタジアムもありますし・・お金あるんですね。
b0021501_13405026.jpg

b0021501_13452418.jpg

b0021501_13254112.jpg

b0021501_13433471.jpg

b0021501_1347542.jpg

シアトルにはマイクロソフトの本社があり、ビルゲイツやその一家がUWにも莫大な寄付をしてくださっているようで、新しい建物が建ったり、古い建物を修繕したりという風景を目にします。
b0021501_13491029.jpg

b0021501_1463022.jpg

Department of Architectureの学生が学ぶ建物は主に2つあり、そのひとつがGould Hall です。内部が大きな吹き抜けになっており、吹き抜けの1階はカフェになっています。昔はここがStudioだったらしいです。末包先生がおられた頃はそうだったのでしょうか?
Studio以外にも、写真撮影用の部屋や暗室、工作室、コンピューター室、建築図書館など施設は充実しています。吹き抜けが広い分、他の部屋がやや手狭な感じもしますが。
b0021501_1333833.jpg

b0021501_13351968.jpg

b0021501_13371377.jpg

Department of Architectureの学生が学ぶもうひとつの建物がArchitecture Hall です。こちらはとても古い建物で、Gould Hall に比べると内部は薄暗い印象です。僕のこの秋学期のStudioはこちらになってしまいました。お世辞にもきれいだと言える部屋ではないですが、自分なりにアレンジして使うしかないですね。
b0021501_13384996.jpg

b0021501_13393122.jpg

[PR]

by ogawa_audl | 2004-09-30 14:10
2004年 09月 27日
オリエンテーション 2
さて続きです。
3日目もgraduate(大学院生)が対象です。はじめに広めの教室に集まり、建築の中にある各分野(アーバンデザインとか、ランドスケープアーキテクチュアとか、コンストラクションマネージメントとか)の話を大まかに聞きました。その後、場所を変えて、各自自由にテーブルを回って、直接担当の先生に話を聞いたり、質問をしたりするという、ややくだけた感じのものがありました。(下の写真) 日本の建築学科であまりなさそうな珍しいものとしては、写真のクラスや、ライティング(lighting)デザインのクラス、またローマや北欧など外国に滞在して学ぶクラスなどがあります。
b0021501_2042147.jpg

他の学部ではそうでないところもあるようですが、Architectureでは日本のように研究室に属するのではなく、自分で選択してクラスをとります。例えばstudioと呼ばれる設計と、さらに2つか3つのクラスをとります。1つのクラスが週に2回とか3回とか開かれたりします。また、大学院のコースも1年間、2年間、3年間と、それぞれのバックグラウンドに合わせて様々です。


午後からは、3日間のオリエンテーションのフィナーレとして、3つのグループに分かれて、シアトルにある3つの設計事務所(SRG、Bassetti, LMN)を訪問しました。どこも大体45分くらいの滞在で、はじめの25分が代表の方のお話やパワーポイントを使ったプレゼンテーションで、残りの時間が事務所の内部の見学でした。(下はLMNのバンクーバーでのプロジェクト)
b0021501_2027531.jpg

b0021501_20274611.jpg

どこも組織事務所で規模や特色が少しずつ異なっています。30人くらいの規模もあれば、100人くらいの規模もあります。また、現代的な建築を主体にしているところもあれば、保存や修繕・改修に力をを入れているところもありました。
大学院に入って、授業前の最初のオリエンテーションで、会社見学のようなものをするあたりは、日本ではあまり例がないかもしれませんが、それによって修了後の明確なビジョンや目標を抱きやすく、よって勉強へのやる気やプロ意識も高まるのではないかと感じました。実際、大学院生の半数以上が、程度の差はあるものの、実務経験者のようです。

事務所はシアトルのダウンタウンにあったので、終了後はほぼ全員でパブへ。
ほろ酔い気分でバスに揺られて帰りました。

水曜の授業開始まで少し時間がありそうなので、次回は大学内の様子についてお伝えしようかと考えています。
[PR]

by ogawa_audl | 2004-09-27 20:56
2004年 09月 24日
オリエンテーション
今日から再び母国語です。ご迷惑をおかけしました。

水曜日からDepartment of Architectureの新入生へのオリエンテーションが始まりました。留学生向けのオリエンテーションとは違い、専門的で緊張感があります。留学生だろうが容赦なしです。

水曜の内容は、学部長の話や、学部の成り立ちや歴史、教育システムや流れ、アメリカにおけるランキング、卒業生の進路や活躍、施設の説明、等々・・・。
undergraduate(日本における学部3年生。3年生から専門に分かれるらしいです)が50人、graduate(院生)も50人くらいでした。そのうち留学生は5人くらいだった気がします。graduateはUW以外の出身者が多かったように思います。オリエンテーションを受けた印象としては、包み隠さず全てさらけ出しているということ、合理的で明確な教育システムになっているということ、設備など教育環境が整っていること、そしてながいということ(丁寧だともいえます)。
朝9時前に集まりだしてターリーズのコーヒーをいただきつつ談笑し、午前9時から午後6時まで、昼食以外は休みなく続きます。この日はさらに午後6時から9時まで、レセプションパーティーのようなものがありました。ワイン、ビール、ジュースと簡単な食事がビュッフェスタイルでふるまわれます。アメリカンジョークについていけるほどの力がないのでやや疲れましたが、何人かのアメリカ人と仲良くなりました。

さて、木曜も朝9時から夕方6時までオリエンテーションです。この日はgraduateが対象でした。内容は、マスタープログラムのこと、コーススケジュールのこと、AIAを含めた各種建築団体のこと、等々・・・。夕方から、バスでシアトルを巡るツアーがあったのが救いでした。多くの人が疲労で眠そうでしたが(もちろん僕も)。

明日金曜も同様に朝からオリエンテーションです。
その様子は後日お伝えします。
[PR]

by ogawa_audl | 2004-09-24 15:09
2004年 09月 22日
From UW
It`s like autumn in Seattle now.
Seattle is a big city.
There are a lot of tall buildings in downtown.
The city is located on the sea like Kobe.
UW(University of Washington) is located on the lake,
about 20 minutes bus ride from downtown in Seattle,
and many campus buildings are in a large site like a large park.
They are very beautiful.

Now, I have some orientations before classes start.
The class starts on Sept 29 here.
I see many kinds of students from all over the world.
I found that there are lots of international students
from Asian countries, and I heard that Korean students
are the most.
As one of International students orientation programs,
I went to Safeco Field and watched the Mariner`s baseball game
with other International students. It was more interesting than I expected.
The atmosphere in the stadium was fantastic.
I thought that it cannot be felt on TV.

I met professors, Prof. Zuberbuhler and Prof. Deines
on last Friday.
They helped me to plan my course schedule, and
said to me they would help me every time I need.
There are so nice and kind teachers here, too.

Now I stay in an apartment for grad students located in UW.
A unit I stay now has 4 single rooms, 2 bath rooms, 1 kitchen,
and 1 living room.
So, my roommates are 3 guys.
One is a Korean who study civil engineering in PhD.
Another is also a Korean who study economics in PhD.
And the last is a Dane who study architecture in Master course,
the same as me.
They are nice guys and so kind.
I think that I can enjoy my life here.

I stayed in a youth hostel for 4 nights,
but I moved in the apartment on last Sunday.
So I finally got my new address below.

3801 Brooklyn Avenue, NE,
Stevens Court Apartments #M207-D,
Seattle, WA,
98195
USA

If you have a chance to visit Seattle,
visit me.
See you.
[PR]

by ogawa_audl | 2004-09-22 06:45
2004年 09月 16日
From Seattle
Sorry. I cannot write in Japanese here, and also I am not good at writing in English. It must be hard to read for you.

I arrived at Seattle yesterday.
It is cool and cloudy outside here now.

Now I am writing this report in Seattle Public Library designed by Rem Koolhaas. It is located in business building area. It looks like crystal outside, but it is complicated inside.
b0021501_14175422.jpg

b0021501_2165354.jpg

b0021501_14235218.jpg

There are a lot of PCs here (about 400 PCs). So people use internet or word or others easily.
b0021501_211010100.jpg

We can see and find different scenes and places in this liblary.
b0021501_22114584.jpg

There are many colors (white, black, yellow, red, green...) and atmospheres (busy, noisy, large, small, and quiet...). We can choose a lot of routes to find books. It is interesting and good experience for me to walk around in this library. I feel that other people also enjoy spending time here.
b0021501_21142850.jpg

b0021501_21155566.jpg

b0021501_2131559.jpg

If you visit Seattle, please visit this liblary and feel by yourself.
See you.
b0021501_2135424.jpg

b0021501_22133341.jpg

b0021501_21351876.jpg

b0021501_21472992.jpg

b0021501_21475054.jpg

b0021501_214919100.jpg

b0021501_21184381.jpg

b0021501_14194596.jpg

[PR]

by ogawa_audl | 2004-09-16 09:43
2004年 09月 13日
渡米前に…
明日が渡米ということで、準備にバタバタしています。
今朝テレビで曽野さんが出ていましたが皆さんはご覧になりましたか?
突然の放映に気づき、やや興奮気味に画面にかじりついていました。
NYに行ったら是非訪れてみたいです。そしてチャンスがあれば、
偉大な先輩にもお会いしたい…きっとお忙しいのでしょうが。

ついにUW(University of Washington)への留学が現実のものと
なってきました。ここまでこれたのは多くの先生方のご指導とご尽力、
先輩方、同期、後輩のみんなからの刺激などさまざまな出会いによって
実現できました。皆様には本当に感謝しています。

しばらくネット環境がどうなるかわからないのですが、
環境が整い次第、大学のこと、シアトルの街や生活のことなど
状況をお伝えしていこうと思っています。
授業が始まる前の予定がどんなものかというと、
17日から留学生向けのオリエンテーション
22日から学部のオリエンテーション
29日から授業開始
という感じです。

次回はいつ書き込めるかわかりませんが、できる限りお伝えしていきます。
(P.S. 井上くん、日記ページの準備ありがとう。)
[PR]

by ogawa_audl | 2004-09-13 13:19