2008年 05月 22日
Yoshida Brothers
仕事のあと、津軽三味線の吉田兄弟の演奏を聴きに、Triple Doorへ友達と。
上の階にある創作アジア料理のレストランの料理を食べながら。そして軽く飲みながら。
地下にこんなでかいホールがあったとは知らんかった。
舞台に向かって階段状に下がったフロアにいくつものテーブルやカウンターがあり、
サイドの上方にはボックス席も。
日本人ももちろんいたけどアメリカ人も思ったよりも来ている。

ほかの楽器とのコラボなどはなく、二人だけ、三味線だけの、素朴でいて力強い演奏。
聞きながら感じたのは、三味線という楽器と欧米の一般的な楽器や曲との違い。
三味線の音や曲は映像的でした。
そこに人間がいない、自然の映像、風景。
風の音、草木が揺れる音。
そういったものが音楽になったような。
風が吹き、そしてまた止むように、あるいは海の表情が変わるように、静と動が何度も繰り返される。
聞いていて踊りたくなるようなリズミカルな他の多くの国や地域の音楽とは全く異なる。
それが発見でした。
日本の文化は映像的です。文字も音楽も映像的。
演奏とてもよかったです。

がっかりなことがひとつ。
すぐ前の席にいた日本人(残念ながら・・)のおばちゃん3人組が最後の曲の最中に
会計のためにしゃべったり、財布についた鈴をじゃらじゃら鳴らしたりして台無し。
真剣に音楽を楽しみに来ているまわりの客は切れ気味。
あまりにもひどいのでコントじゃないかと思うくらい。
空気よめないのは若者に限ったことではないわけで。。
[PR]

by ogawa_audl | 2008-05-22 13:40


<< 5月はイベント多かった      Googie >>