2010年 04月 02日
Alley Renovation
アメリカの都市の道路はオモテとウラがありまして、
ウラにあたるのがAlley(裏通り)。
(例外的にポートランドなどはalleyがない)
主にごみの収集とかデリバリーとかのサービス機能上の部分(あるいは見せたくない部分)のための細い道。
都市部だけでなく、住宅地でもAlleyがあったりします。

シアトルの既存のalleyは、だいたい薄暗くて、地面がしめっていて、ごみが散乱していて、人通りが少なくて、かぐわしい臭いがして、
というマイナスイメージが一般的なのですが、高密化してゆく都市のなかで残されたスペースでもある。
個人的には、古いエリアのalleyは、味や雰囲気があって、見た目には美しいと感じます。ときにオモテの通りよりも。

このalleyを環境と人に優しい空間にするための提案を求めた地元のコンペGreen Alley Competitionに少し前に同僚と短期で取り組んだ。
実はだいぶ前に結果が出ていたのですが、ようやく紹介します。
結果発表の当日は、毎月第一木曜日の晩に行われるギャラリー・ウォークの日でもあり、
敷地のalleyで屋外パーティとプレゼンボードの展示がありました。
結果からいうと、一等のGrand Prizeとその場の参加者の投票によるPeople's Choiceの二つの賞に選んでいただきました。
b0021501_6421624.jpg

b0021501_643475.jpg

コンペ作業の話し合いの中で、いろいろアイデアが出すぎたので、
リアリティも考えて、少ない予算で実現可能なベースラインのデザインを決めて、
そこに利用者が選んでプラスアルファの機能を付加できるというようにしました。
ベースラインは、水の利用、ごみ収集への対応、緑化。
i-phoneのアプリケーションのアイコンのように見えるのが、プラスアルファの機能。

賞はもらったものの、参加者自体が少なかったようなので、ちっちゃくラッキー、という感じです。
賞金もおまけ程度。一人当たりで割ると、美味しいディナーで消えるくらい。
シアトル市は実際にAlleyを歩行者のための空間へと変えようと動き出しているみたいなので、
今回の提案が何らかの形で実現へとつながればいいかなと思っています。
お金を寄付するのではなくて、デザインの提案を通しての街へのボランティア活動かなと考えています。

関連記事
Can we make Seattle alleys more inviting?
How to make urban alleys work
Green Alley Competition Party (パーティの様子を記録した写真)
Alley Art.org (プレゼンテーションボード一覧)
[PR]

by ogawa_audl | 2010-04-02 06:43


<< Page, Arizona      土曜の晩に >>