2010年 02月 04日
美術館みたいな家みたいな
別のパートナー(社長)の家に行ってきました。
これまた年末のクリスマスパーティのオークションで落札したディナー。でも昼だったので正確にはランチですが。
創業者の一人であるジョンは、家柄もよく、余裕というかオーラというか金の匂いというか、そんなものを感じます。
そのジョンの別荘に行ってきました。これまた同僚7人で。
ジョンと奥様がお出迎え。

シアトルの対岸の島に彼は2年前に週末用の別荘を建てました。
デザインに2年、建設に2年の歳月をかけて。
デザインは全て自分で。ディテールのデザインまで全て。階段の手すりも、家具も、棚やドアの取手も全て。
カーンのようなデザインもあるし、ノースウエストの雰囲気もあるし、日本の民家的な感じもある、そんな家。
立地は小さな入り江に接した森の中。室内からドーンと入り江の水が見える。庭から続く岸にはプライベートの桟橋。
庭もこれまた凝っていて、中国から持ってきたという石がふんだんにつかわれている。石の階段などちょっと遺跡みたい。デザインはなんとGGNによるもの。
そして暖炉が家中に。庭にも暖炉。
もうひとつ、家中にあるのが、さまざまなアート。トーテムポール、絵画、写真、書、などなど。ゴージャスな庭と相まって、美術館みたいに思えてくる。
室内はスキップフロアで、各部屋の間に数段の階段。部屋と部屋の間にはドアがないので、視線が抜ける。
そして地下にはビリヤード部屋と、ワインセラー。
8畳くらいの部屋ひとつがワインセラーなのはすごすぎて笑えた。
フランス、イタリア、ポルトガル、オーストラリア、アルゼンチン、アメリカと世界中のワインが床から天井までぎっしり並んでいる。
そしてどれを飲んでも美味しかった。ワインバー並みかそれ以上の量と種類でした。

ほんとの金持ちってすご。。という感想。
b0021501_166910.jpg

b0021501_1662826.jpg

b0021501_1664792.jpg

b0021501_167392.jpg

b0021501_1671834.jpg

b0021501_1673966.jpg

b0021501_168154.jpg

b0021501_1682190.jpg

b0021501_1695899.jpg

[PR]

by ogawa_audl | 2010-02-04 16:05


<< 2月のあれこれ      iPad >>