2009年 06月 14日
Grasshopper + Rhinoceros
Rhinocerosという3Dソフトウェアに組み込まれているGrasshopperを使おうという講習会が会社であったので参加。
2日間にわたり午後をまるまる使って。先着で10人くらいが社内から参加。だいたい若い連中が集まる。

講師は、ワシントン大の建築の修士設計で、Grasshopperに特化した形態の作り方についてまとめた若者Scott。
現在は、ワシントン大で3Dなどの授業を教えながら、コンピュータサイエンス学科でさらなる研究をしている。

とりあえず、Grasshopperて何?

生成アルゴリズム(ジェネレーティブアルゴリズム)を使って新しい形状を生み出したいデザイナーのための、
Rhinoの3Dモデリングツールと統合したRhinoで動作するグラフィカルアルゴリズムエディタプラグインです。
Rhinoスクリプト(RhinoScript) とは異なり、 Grasshopperを使えばプログラミングやスクリプトの知識がなくても
ユニークな形状の生成ができます。
(McNeel Wikiより)


イメージとしては、植物の葉ように、あるパターンを繰り返しながらもそれぞれが環境にあわせて少しずつ変化している
ような形態をよりフレキシブルにつくるためのツールです。
いろいろな条件や変数を作り出すボックスをプラグでつなぎながら、最終的なカタチのためのプログラムを
つくるような感じでしょうか。

イメージとしては、こんな感じ

プログラムを実際に使っているときの画面はこんな感じ

Grasshopperで描かれたビジュアルなプログラムは脳のシナプスのつながりのようにも見えます。
便利なところは、途中の条件や変数を後から簡単に変えることができ、その度に、カタチが自動的に変わるところ。
また、そこから、現実に「建てる」ときの部材をすべて容易に生み出してくれます。

部材の生成が、コンピュータとのリンクによって、自由な寸法で得ることができるようになったので、
こういったプログラムによる実際の建設もリアリティを帯びてきています。

Grasshopperを使ってみて思ったのは、これまで「コンピュータの中だけ」で表現されてきた有機的な形態というイメージから、
実際の「モノ」の世界へ近い存在になってきているということ。
ここでは「その不思議なカタチ、実際にどうやって建てんの?」という疑問はもう存在しなくなります。
これまでの3Dソフトが、「ちょっと変わったカタチ」をつくりだすのがメインだったところから、
それをどうやって建てるか、というレベルへとつないでいるソフトウェアと言えるようです。

また、それぞれの部屋のカタチが違うけれど、面積はどの部屋も同じ、といったような条件も
容易に満たしてくれます。

またもうひとつの重要な点は、環境デザインへの対応。
太陽光の動きや、風向きなどの複数の変数を加えても、それに対する最適解を形態的に生み出す。
建築表面の開口部は、そういった変数により場所によって大きさやカタチが少しずつ違ったりする。植物の葉のように。
一見不思議なカタチに見えても、環境的には文句なしのカタチになっているわけです。(視覚的に気持ちよいかはまた別ですが)
環境という点に鋭い目を光らせる最近のクライアントへの説得力を持つことは間違いないでしょう。

聞くところによると、このGrasshopperというプログラムは、建築関係者が創り出したプログラムとのこと。
一般に広がりだしたのは1年半前くらい。
先端の建築大学では既に授業で取り入れられたりしているようです。

うちの会社も、こういった勉強会を持って投資しているわけですから、
近い将来仕事の中で使っていこうということなのだろうと思います。
4,5年前から少しずつ使い出したBIMも、今では社内のほぼ全てのプロジェクトで使われています。
Grasshopperも数年後には図面として現れてくるような気がします。

覚えるのに苦労しそうなソフトウェアではありますが。。
絵というよりは、数学的な画面だったりします。
シナプスを眺めて、それをつないで、出来上がるカタチを確認する、みたいな。
とりあえず、2日間では、原理はわかったのもの、使いこなすには程遠い。。
講師のScottも、夏休みの間とそれにつづく学期の間ずっと使ってみてようやく使いこなせるようになったらしいです。

実際にでかいプロジェクトを全部Grasshopperで進めるには、そこに携わる多くの人間が慣れるための移行期間が必要な気がしますが、
とりあえず、建築のパーツの一部に対しては今からすぐにでも使える気がします。
たとえば、建築の外皮を覆うパネルのパターンとか、サンシェイドとか。あるいはインテリアデザインの一部など。

また、Grasshopperをマスターしておけば、しばらくそれだけで仕事になりそうな気配があります。
うちの会社が、このScottを雇おうと考えているらしい、という噂も。
[PR]

by ogawa_audl | 2009-06-14 01:48


<< 夏です      ポートランド建築・都市めぐり >>